ノーオッケーすぎる

25歳文系大学4年生が、思ったこと・日々の生活などを雑に書きます。

バスタオル買い替えてQOLを7ポイントアップ

これはここだけの話で絶対に内緒にしてほしいのですが、最近バスタオルを、古いものから新しいものに替えました。

古いものはもう5年前に買ったもので、洗って干すとゴワゴワで、だいぶ固くなってしまうような状態になっていました。薄いタワシと言っても過言ではなかったので、ちょうど引越しをした勢いで、新しいものに交換したのです。

 

バスタオルはお高めの有名路線だと今治タオルなどがありますが、正直そこまでのクオリティが自分のような貧民階級の生活において必要なのかと言えば、そこまで必要ないと思うのです。

一方で100均とかまでレベルを下げたくないし、Amazonでよく分からないものを買うのも気が進みません。というのも、低品質なタオルだと洗濯したときにホコリと化す量が尋常じゃなく、他の洗濯物を全身全霊で汚してしまうからであります。吸水性も悪かったり。

 

というわけで、5年前と同じく、今回もまた人類みなラブずっきゅんの無印良品にて購入しました。

無印良品のタオルは現在、他の商品と同様ラインナップが細かくなっているらしく、色々なものがありました。例えば今回のように使い古したあとに、カンタンに雑巾と化せる「その次のある」シリーズだったり、あるいは厚さに関しても厚手・中厚手・薄手と3種類あったりと、ニーズに応じたラインナップになっています。

あと、現在セールで2点以上お買い上げで15%OFFでした。9月7日(木)までやっているようなので、無印大好き芸人の皆さまはお急ぎ下さい。

 

そんな中で今回はこれを買いました。

名前に「スモール」とはありますが、たぶん普通サイズのバスタオルで、水分を拭き取る分にはまったく支障ないので、これにしました。

小人としてこの世に生を受け、お風呂上がりは最悪フェイスタオルでも差し支えない身としては、あまり大きすぎても洗濯の際に乾かしたり干したりするのが大変なのであります。

 

で、新しいものに替えてからは、コットンの優しい包容力のおかげで、お風呂上がりは世界平和を願うようになりました。ふわふわすごい。

別に無印のバスタオルが特別素晴らしいというわけではなく、あくまで新しいバスタオルだからこその感動だとは思いますが、お風呂のリラックス効果をより高くしてくれるかんじです。

バスタオルひとつ替えるだけでこんなにも生活の質ことクオリティ・オブ・ライフがアガるのかと、多少驚いています。

 

バスタオルって古くてゴワゴワなものでも問題なく使えるので、なかなか交換するタイミングが見えないし、日用雑貨をお買い上げるときの優先順位としては結構低めですよね。でもそういうものこそ見直してみると、QOLが上がるのかもしれません。

これからはそういう視点で日用品を買い揃えていくことで、幸せ四天王まで上り詰めたいと思います。