ノーオッケーすぎる

既婚ITエンジニアが、思ったこと・日々の生活などを雑に書きます。

日記 ほか

おはようございます。夜更かし早朝大学生ブロガーこと、とぅみーろです。月曜日です。今週も頑張っていきましょう(寝たい)。

 

今日は日記を書こうと思います。週の始まりを有意義なアサカツで始めたい方はそっとじしてください。アサカツ大事。

 

 

さて、昨日は簿記の試験がありました。

僕は過去何度か受験申込していましたが、毎回勉強が間に合わなかったので受験放棄を繰り返していました。三浪の失敗経験から何も学べていないし、何も成長していないですね。致命的です。自分の限界が見えてきますね。

まあでも、そろそろちゃんと受けないとさすがにまずいでしょ…と思い、今回ばかりは本気で受験しようと思っていました。しかしながら怒涛のゼミカツでご多忙な毎日。簿記を勉強する時間は全然取れませんでした。

で、この前ゼミカツの論文を書き終えたあと、「もうむりだから勉強させてくれ〜」と投げ出し宣言をして、なんとか約1週間の勉強期間を確保できました。

今までも勉強したりしなかったりしていたのである程度学習済みとは言え、ここしばらくは勉強していなかったのですっかり抜け落ちているところも多く、また、出題範囲が大きく変更されたこともあり、勉強時間に余裕があるかといえば、結構ケツカッチンでした。ゼミカツも不参加表明をしたとはいえ、ある程度は参加しなければならないですし。

で、なんとか勉強したりして、受けてきました。2級です。感触としては受かったかどうか微妙なラインです。楽観的に言えば受かってるし、悲観的に言えば受かってないです。ベッキーなら「絶対合格(うか)ってるよ!」と言ってくれると思いますが、こういう時はできるだけ期待しないほうがダメージが少ないので、落ちたという設定で行きます。三浪したので、慣れっこです(涙で枕を濡らしながら)。

 

とはいえやはり、落ちたという設定で生きているので、それなりには落ち込んでいます。

今回こそは本当に万全の体制で臨みたかったし、絶対に合格したかった、つまり本気と書いて“マジ”だったわけです。それなのにこんなボロボロの棍棒で戦う羽目になってしまい、だいぶ落ち込んでいます。

ゼミカツが忙しかったとはいえ、これはゼミカツタスクを全員に分散させられなかった自分に非があります。また、体力不足で疲れてしまい、時間はあるのに勉強できる余力が残っていなかったというのも、敗因の大きな原因の一つとして分析しています。ここらへんから、アサカツの重要性を学べました。アサカツ大事。

 

そんなわけで、自分は「結果にコミット」というのが相変わらず苦手であり、本当に実績の残せないやつだな…と、相当程度に落ち込んでいます。目に見える形で結果を残すというのは本当に難しいです。自分にとっては。何をしたらいいのか全然分かんないし。。

 

ゼミカツの他に簿記やらインターン準備やらで忙しかったのですが、とりあえず簿記は終えたので、残りのゼミカツとインターン準備に向けて頑張りたいと思います。でも、正直言えば梅雨も始まり結構疲れがたまっているので、温泉にでも行きたい……。

などと思っていたのですが、先日無意識のうちに来月のTOEICに申し込んでいました。自分を追い込むのが好き過ぎるかよ。ただもう申し込んでしまったので、ここから1ヶ月はTOEICに向けてがんばります。900超えたいけど最近英語にあまり触れてないので、予測不能です。とりあえず自己ベスト更新はしたい…。

とはいえ、インターンに向けてもいろいろ準備しなくてはならなくてですね。とりあえず今日中にインターンのESを書かねばならないので、これからインターン先を選定して、とりあえず提出したいと思います。インターンももっとちゃんと検討したかったなあ。。

 

-----

うってかわってもないですが、シューカツの話。

やはり三浪のシューカツは厳しそうです。1年前の現時点で、はっきりと認識していますです。厳しさを体感として感じていますです。

しかも僕は理由なき三浪ですし、大学生活でも特に目立った経験や結果を残せていないので、勉強した浪人よりもよほど厳しそうです。イメージとしてはたぶん、難攻不落の名城に全裸で突撃するかんじです。矢の刺さること刺さること。どうしたらいいものか。

インターン先ですらビビってなかなか選べません。ほんと、どうしたらいいものか…。

もう、自分の“キャリア”を考えるにあたってどういう“戦略”を取るべきなのか、皆目検討もつきませんでござるぞ!!どうしたらいいのでしょうか。神様お子様仏様、どうしたらいいのでしょうか。貸費奨学金ユーザーなだけに、ノージョブで社会に射出されるのはさすがに希望もへったくれもないですし、ちょっとこわいです。

 

まあそんなこんなで、自分の将来に閉塞感をめっちゃ感じていて、だいぶ気が重いです。できることはしたいですが、マイナスとの差し引きで評価してもらえない可能性を思うと、どうしたらいいのか…ってかんじです。「やはり自分は無力で無価値で無益な存在なのかな…」と、スタバで物憂げな目をしてアイスコーヒーをすする日々です。クールライムはおいしいので是非飲んでみてね。

 

とりあえず、予算もないのに半ば勢いでディズニーの年パスを購入してしまったので、怒涛のディズニー通いで精神を浄化したいと思います。

 

最近ブログの内容が大して変わらない上につまらなくて申し訳ありません。やはりクソキリン氏の人生はとても薄いようです。もっと内容のあることを書きたいですが、雑なブログなので、許容範囲ということで…。