ノーオッケーすぎる

25歳文系大学4年生が、思ったこと・日々の生活などを雑に書きます。

学生のITスキル事情が気になる

こんばんは。勉強しようと思ったけどなんかやる気出ないのでブログ書いちゃう系男子こととぅみーろです。そろそろ男子とか言ってられない年齢ですが。

 

さて、ゼミが始まってから、人がPC使ってる瞬間に出会うこともしばしば増えてきました。

特にいま、ゼミ内で1つのことについて調べて1つの論文を作るというプロジェクトをやっているので、書いたものなどの共有に、クラウドストレージサービスを使ったりしてるんです。で、僕がアカウントを作ったりしたのですが、まあ使い方の分からない人が多いこと多いこと。。

そもそもサービス名さえも知らなかったり。Dropboxも、Evernoteも、知ってる人は皆無でした。僕にとってはどちらもガンガン使っているので、「ッッッ!!!!?!?」ってかんじでした。衝撃ですよ。Dropboxってなに?OneDriveってなに??みたいなね。(そういえばSugarSyncっていまどうなってるんだろう…)

僕が浪人生してた頃に大学生してた高校の同級生たちは当時、みな当然のごとく知っていたと思います(使っていたかどうかは分かりません)。そんな高コンピューターリテラシー集団の中にいたせいで、僕の常識が非常識と化していたのかもしれません。

まあ、そもそもクラウドなんて数年前のトレンドですし、そもそも割とコアなものっちゃコアなものなので、知らない人なんて普通にいるだろうなあとは思ったのですが。

そんなわけで、「“クラウド”とはなんであったのか…」と半ば強制的に哲学させられたりしました。「スマホの台頭で今の大学生はPCを使えない人が多いってよく聞くけど、それって本当なのかもなあ」と、経験を通して実感したのでした。

 

という話で終わればいいんですけど、先日さらに衝撃的な事件に遭遇したのですよ。

 

何かというと、なんと「Ctrl + C や Ctrl + V を知らない」という人がいたのです。こればかりは、おったまげました。今までどうやってレポートとか書いてきたの…。

気になって仕方ないので、今までコピペするときどうやってるか聞いてみました。すると

  1. マウスで範囲選択
  2. ドラッグして移動(または右クリックからコピー)

という手法でコピペしているとのことでした…!これ、結構衝撃じゃないですか??

コピペのショートカットキーって、たぶんショートカットキーの中ではもっとも初歩的で、もっとも初期の頃に覚えるものだと思うのですよ。それを知らない人が、1人どころか複数人(少なくともゼミ内で3人、たぶんもっといるはず)いたので、本当にびっくりしました。

社会人になって多少なりともデスクワークするような職に就いたとしたら、文書作成という仕事は避けて通れないのではないかと思うのですが、コピペも知らない彼らはどうなるのだろうか…と思いました。まあ、人の心配する暇あるなら自分の心配をしろって話なんですけどね。三浪のシューカツについてはまたいつか。。

ただこれ、企業側としても結構大きな問題じゃないですかね。「えっ今年の新人、コピペもできないの?」みたいな。どうするんでしょうか。

スマホは時間や場所に制限されることなく個人をネットにつなげた点ですごいとは思いますが、やはり生産性という点ではPCのほうができることも多いし効率もいいですし、スマホがPCに取って代わるということは、これまでも、そしてこれからも、考えられないですし。

 

プログラミングの義務教育化なんて話も小耳に挟んだりしますが、そんなことよりもまず先に、PCを使った本当にベーシックな作業をする機会を作ったほうがいいんじゃないかなあ、と思いました。

個人的には、若い人が何かを「知らない」というのは、基本的にそれに触れる機会がないからなのだと思ってるのですが、ベーシックなスキルが欠如しているのは、学校教育においてそういった文書作成エトセトラする機会がないからじゃないですかね。中高の「情報」の授業も、いかにも教科書的で、あまりに非実践的だったなあと思います。中学生の読書感想文とか、Wordで書かせればいいのに。

 

というわけで以上、今時の学生のITスキルが気になった日常でした。PCちゃんと使えるマンになれて良かったなあ。