ノーオッケーすぎる

25歳文系大学4年生が、思ったこと・日々の生活などを雑に書きます。

そろそろ浪人ネタを卒業しなければと思う

こんばんは。17時になるともうすっかり暗いですね。僕は先ほど同じクラスの大学生どもに「おじさん」「おいおっさん」とイジられてきたのでちょっとだけ元気になりました。(余談ですが、イジられとイジメはほんとに紙一重だなあと思った次第であります)


さて、僕は現役時(高3)で受かったMARCHを蹴って三浪して今度こそMARCHへの入学をキメるという、最高にクールなジョークとさえ言えるような受験経歴を持っています。インパクトあって分かりやすいなあと思うので、様々な場面でこうした浪人ネタをわいわい言ったりすることも多いのですが、最近浪人ネタを言う度に「ぐぬぬ…」と感じることも多々あります。

なぜかと言えば、さすがにしつこすぎるよなあ…と思うのです。浪人を引きずりすぎというか。まるで学歴コンプみたいで。実際浪人という経験は僕の中で大きなウェイトを占めるものにはなっていますが、今現在は大学生だし、引きずってもないし、浪人という過去に生きているわけでもありません。

ですがまあ絶対に僕にしか言えないこととかもあったりして。例えばセンター試験とか、4回受けたんですよ?もうこれだけで意味不すぎるしおもしろくないですか?どう考えてもおもしろいですよね?おもしろくない?ん…?

世の中にやたら自虐を言う人というのは自分も含めてたまに見かけますが、人によっては自虐ネタを見聞きして気分を害する人もいますよね。すんません。たぶん大学で接する人の中にもそういう人はきっといると思うので、ちょっとずつでも減らしていけたらなあと思います。

他人を馬鹿にして人を笑わせるのはもちろん、自分を馬鹿にして笑わせるのもやめたいですね。

と同時に、浪人に変わる新たなアイデンティティが欲しいなあと思います。特技とか、好きなこととかで。勉強するにはテレビを観る時間を減らさなきゃならないのと同様、浪人ネタをやめる代わりとなる新た自分の中核が欲しいのです。

もちろん現実世界だけなく、このブログやTwitterなんかでも、浪人要素を絡ませない事柄で書けていけたらいいなあと思いますです。

空っぽな自分に何かを足して、いいかんじのアイデンティティを手にすることを今後の課題とし、この記事の終わりと替えせていただきます。かしこ。


ラヴAndroidから投稿💜