ノーオッケーすぎる

25歳文系大学4年生が、思ったこと・日々の生活などを雑に書きます。

大学に行ってみたけど、違和感を感じた

今日は説明会があって大学にお邪魔してきた。それと同時にサークルの勧誘をちらほら見てきた。そして思ったことがいくつかあるのでずらずらと書いてみたいと思う。といってもほとんどコミュニケーション関係の話ばかりだけど。

 

意外と話せそうだ

コミュ障加減にはそこそこ自信がありますが、今日行った限りでは、なんとか話せそうかなといったところ。上級生も、面倒だけどほぼ間違いなく年下だと思うと別にどうこう思ったりすることもなかった。今までの自分と比べればむしろちょうどよい距離感で話せた気がする。もちろん、最強のコミュ力を発揮したみたいなそういうことは決してないんだけれど。話しかけられれば話せるので、そこはまあクリア出来てよかったかな。上出来ではないけど十分だ。

 

みんなもう友達がいる

すごーいと思った。まあ友達と呼べるレベルなのか分からないけど、2人や3人で歩いている新入生らしき人が結構いた。すごい。どこで作ったのだろうか。説明会やガイダンスで話しかけたのかな。今日は隣の席の男子が非常に話しかけづらい雰囲気を出していたので話しかけられなかったけど、次回説明会行ったときは自分も話しかけてみようと思う。席選びも重要だなと思った。

 

話しかけられたので安心した

三浪だし、3つ上だし、アレな雰囲気で話しかけられなかったりするのかなあと思いきや、そこそこ話しかけられたのでよかった。ヒトと認められるということは、こういうことである。

 

大学ってすごくダルそう…

新年度だしサークルは新入生を勧誘したいという空気のせいなのかもしれないけど、予想以上にダルそうだなあと思った。人間関係とか、イベントとか。できることならこの人達(=大学生)とは関わりたくない!と思った。別に彼らが悪いわけでも自分が悪いわけでもないんだけど、自分と彼らでは、コミュニケーションの際に求めるものが根本的に違う気がした。

 

僕は相手を不愉快にさせず、最低限の情報交換を少し楽しくするぐらいのスタンスでいいんだけど、フツーの大学生はそれだけじゃなくて楽しさとか面白さとか、プラスアルファをきっと求めている。個人的にはもっとドライで浅い関係がいいんだけどそういう関係を築くのは難しそうだし、ドライな関係は快適ではあっても授業や単位といった最低限の大学生活を送る上でも難易度が飛躍的に上がりそうである。かといってこの空気の中を、4年間も生き抜いていくのはやはりすごくつらそうである。それはコミュ力がないからとかそういう次元じゃなくて、人と接する際の根本的なところで考え方が違うからだと思うのです。

 

改めて、早く卒業したいなと思った

もうそのままなんだけど、早く卒業したい。入学もしていないけどね。早く働きたいという気持ちがなんとなくあって、大学とかいう目的や目標が曖昧な場所で4年も過ごしたいとは思わない。自主性が求められるのは分かっているけど。「じゃあ大学なんか行かなきゃよかったのに」とか、そういう指摘はナシの方向でお願いします…。

 

やっぱり自分は普通の大学生とは違った感性を持っているのかも?

そんなわけで、他人と比較することで自分という存在がより明確になるんだなというのを改めて感じた1日だった。いつからこうなったのかとかどうしてこうなったのかとかは分からないけれど、友達が全く欲しくないわけじゃないし、気が合うならもちろん親しくなりたいと思うわけですが、実際は人と関わるより1人でいろいろやったほうが生き心地がよいのではないかと、最近思わされるようなことが多々ある。

 

 

----------

というわけで、今日大学に行ってみて、最近考えてきた決意が固くなった。以下に述べたい。

 

社会では自分はマイノリティに分類されるんだろうと思う。マイノリティというのは理解されにくいし、理解されてもやっぱり生きにくい。よって自分を他人に合わせるのはやめて、自分の性格や人格に合った、自分の幸せを最大化できるような生活を構築しないと自分はいつまで経っても幸せになれない気がした。これからは自分の欲求や直感に素直に従うことにしようと考えることも最近多い。社会に自分を合わせて笑顔を引きつらせるより、自分と向き合って試行錯誤したほうが後悔したりしないと思うし、楽しいと思う。

 

自分がしたいことをするのって結構勇気がいるよね。普通から外れるってことは、安定というレールから外れることと一致することもあると思う。その一線を自分はまだ超えられなさそうだ。でもなんとなくだけど、その一線を超えたほうが今よりも幸せになれる気がする。具体的に決めていけばふとしたときに一歩踏み出せるのかもしれない。

 

というわけで、もっと自分が生きやすい生き方を模索して確立したい。高校卒業してからもう十分レールを外れたし、ほんとはもう何も恐れることなんてないはずなんだよね。人生一回きりだし、好きなことだけしてみたい。過去に自分の気持ちを抑圧してきたこともあった気がするし、これからは少しぐらい自分勝手に生きてみたい。

 

みんなあの生活に馴染むことを受け入れるのかもしれないけど、自分は別の道を探したほうがいいなと感じたわけです。

 

 

入学して授業開始して幸いにもお友達ができたりしたときはまた考え方が変わってくるのかもしれないけど、とりあえず今日はこう思ったということで。

 

なんて、まとまりのない文章になっちゃったけど投稿しよう。今日は疲れたのです。書きながら寝ちゃうぐらい眠い。