ノーオッケーすぎる

25歳文系大学4年生が、思ったこと・日々の生活などを雑に書きます。

無職だって雪遊びしたいんだ

f:id:tomiero:20140209100548j:plain

 

最近アヒル口をできるようになりましたが、やっぱり可愛くはなかったです。こんにちは、とぅみーろです。21歳の男の子です。

 

昨日は都内でもたくさん雪が降ったようですが、引きこもり半ばの僕にはあまり関係のないことでした。雪ウゼーを社会の皆さんと共有できないのはまことに遺憾であります。

 

雪とかすごく刺激的アイテムですし、今朝は一念発起して近くの川まで散歩しに行きました。人がいつもより少なくて、というか全然いなかったので、一人で雪玉をつくっては川に投げ雪玉をつくっては川に投げを繰り返していました。たのしい。放物線を描きチャポンと音を立て川へ落ちる白い雪玉。ワビ・サビ。雪1kgぐらいを抱きかかえ、川にドバーと落とすのもたのしい。うぇーいと言ってくれるおともだちがいないのは悲しいけど、たのしい。正直、雪合戦もしたかった。スノーマンつくっとけばよかった。斜面でソリ滑り的なやつだってしたかった。そんなわたくしも今年で22歳になります。

 

ここ数日ほとんどおうちに引きこもっていたので、久しぶりに太陽の下に出てきました。やはり外の世界は刺激でいっぱいです。毎日同じ環境で一人で過ごしていると刺激がなさすぎて精神的にもネガティブになるし判断力も思考力も落ちていくので、外に出るのはとても大事だなあと思います。

 

外の空気に包まれると、部屋にいるときの自分がいかに異常であるかばっちり自覚できるし、働きたいなあ稼ぎたいなあ大学行きたいなあと本当に思うのですが、やっぱり家に帰るとなにもできなくなります。なんでなんだぜ!

 

せっかく半ニートでいるんだし自分の経験を通してニートに関するまとまった考えを提供できたらとは思うのですが、考えをまとめられないほどに脳が退化してしまっているので下書きを書いては消して、そしてもやもやする毎日です。ちゃんと物事を考えられるクリアな頭を早く取り戻したいところであります。