ノーオッケーすぎる

25歳文系大学4年生が、思ったこと・日々の生活などを雑に書きます。

だめぽよ系男子としての自覚

だめぽよ系男子ってなんだよっていう話ですが、いわゆる真面目系クズと思っていただければよいかと思います。

さて、簡単な自己紹介のはじまりです。

現在21歳で、近いうちに22歳になります。昨日まで18歳だったのに。あらがえぬ時の流れに恐れおののく毎日です。

21歳の若者はたいてい学生だったりするとは思うのですが、僕は学生ではありません。何度も大学を受験しているのですが、どういうわけか、なかなか入学許可が下りないのです。センター試験が大好きで、過去に計4回受験しています。こんにちは、受験のプロです。

浪人生で三浪ですが、全くといっていいほど勉強に取り組めず、そうこうしているうちに3年が経ちました。今月の入試を終えたら、結果がどうであれ受験界を去るつもりではいます。

残念ながら出来た人間ではありません。学歴なし、スキルなし、人脈もありません。人格も優れているとは言えないし、これといった魅力も持ち合わせていません。

無職という現状も三浪という現状も理解してはいますが、いかんせん努力ができないのです。長期的な目標に向けて努力するというのが根本的に合っていないのだと思います。これから先いかほどの苦労が待ち構えていようとも、自業自得であるのでそれは受け入れるしかないなと思っています。

詳しくは改めて書ければと思いますが、無職の負のループや浪人生のいろいろな心理的要素が複雑に絡み合って、今まで思うように行動できませんでした。

今年からは、少しでも状況を改善できるよう、とにかく手と足を動かして、行動をもってして自分の状況に変化をもたらせることができたらと思っています。

そんなノーオッケーなバックグラウンドを持ちながら生きる無職の日常や思いを綴っていけたらと考えています。少しでも楽しんでいただけたら幸いです。